スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • | - |
    • |
    • - |
    • - |
    • - |
    • - |

    夏のお肌ケア方法

    0
      美白の一番の敵、紫外線。紫外線の量が一番多いのは、意外にも初夏の5月。しかし紫外線は量だけではないんです。7〜8月の紫外線は一番強い紫外線です。また、海や遊園地、バーベキューなど、野外レジャーを楽しむ人が多い夏。知らない間に肌に紫外線をたくさん浴びて、せっかくの美白が台無しに・・・なんてことがないようにしなければいけません。  基本的なことですが、日焼け止めはしっかりと塗りましょう。これだけで大幅に肌への紫外線をカットし、美白を守ることができます。顔に汗をかきやすい人は、ウォータープルーフタイプを使用するか、こまめに塗り直すことを心がけてください。  日焼け止めを塗っていたつもりが肌が焼けてしまった、予想外に紫外線を浴びてしまった・・・という方も諦めてはいけません。紫外線を浴びてしまった後でも、しっかりとお肌をケアし、美白に戻す努力をすることが大切です。まずは、日焼けしてしまった箇所をしっかり冷やし、炎症を落ち着かせましょう。そこで大切になってくるのがお肌の保湿。化粧水や乳液を使い、しっかりお肌に水分を与えてあげましょう。実はメラニンが増えるのは、日焼けをした日ではなく、2日〜3日後。しっかり保湿することで、メラニン色素を作る細胞を沈静化させることができます。化粧水で水分を与えた後は、その水分が逃げてしまわないように、乳液やクリームでしっかり保湿しましょう。一度焼けてしまったからと言って、美白を諦めてはいけません。

      スポンサーサイト

      0
        • | - |
        • 22:48 |
        • - |
        • - |
        • - |
        • - |

        Comment

        Trackback

        この記事のトラックバックURL :
        << なぜ肌は美白がいいの? | TOP | 美白の定義 >>