スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • | - |
    • |
    • - |
    • - |
    • - |
    • - |

    なぜ肌は美白がいいの?

    0
       デパートやドラッグストアの化粧品売場に行くと、美白の文字がずらり。もはや女性が美白を目指すことは当たり前のようになっています。なぜ、日本人の女性はこんなにも白い肌になりたい!と思うのでしょうか。  実は美白の起源はなんと平安時代にまでさかのぼります。当時の医学について書かれた書籍に「肌の色をよくする方法」という表現がでているんだとか。しかしこれは一部の貴族しか見ることができない文献なので、一般庶民には美白という考えがあったかどうかはわかりません。また、紫式部ははっきりと白い肌や肌のきめ、ツヤについての記述を残しています。この当時から、女性の肌は美白がいい、と考えられていたようですね。高貴な人ほど色が白く、農作業や放牧を行なう庶民は日に焼けていたことから、白い肌は高い身分の証とも考えられていたそうです  江戸時代には‘おしろい’が人気を集め、おしろいでパックのようなものをする人も登場したそう。江戸時代のベストセラー「都風俗化粧伝」にも10種類以上の美白になるケア方法が掲載されています。当時のおしろいは今のような‘ミネラル100%’や‘美白成分配合’などといった、肌に優しいものではなく、逆に人体に影響がある成分がはいったもの。おしろいを肌毎日付け過ぎて、早死にする芸者や庶民もいたそうです。その当時美白を手に入れることは、命がけだったんですね。  日本人は平安時代から白い肌に憧れ、美白を目指して様々なケア方法を試していたようです。昔から「白い肌が高貴な女性の美しい肌」=美白だったのですね。

      スポンサーサイト

      0
        • | - |
        • 10:47 |
        • - |
        • - |
        • - |
        • - |

        Comment

        Trackback

        この記事のトラックバックURL :
        << 毎日のケアで目指せ美白 | TOP | 夏のお肌ケア方法 >>
        SunMonTueWedThuFriSat
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << August 2017 >>
        PR
        Recent Entries
        Categories
        Archives
        Recommend
        Profile
        Links
        Other