スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • | - |
    • |
    • - |
    • - |
    • - |
    • - |

    美白と生活習慣の関係

    0
      きちんと紫外線対策をして、美白効果のあるスキンケア用品を使って、サプリも飲んでいるから、私の肌は大丈夫。そう安心している方はいらっしゃいませんか?実は美白になるにはそれらのケアだけではいけません!毎日の生活習慣も気を付けなければいけないのです。  お肌のゴールデンタイムについてご存知でしょうか?22時から午前2時の間のことを言い、その時間に眠ることで、肌にとって重要な成長ホルモンの分泌が活発になり、肌のターンオーバーが正常に行われることで、美白に繋がるのです。逆にこの肌のゴールデンタイムに睡眠を取ることができないと、肌のターンオーバーの周期が乱れ、古い角質が残るなど、肌に悪影響を与えてしまいます。仕事や付き合いでついつい帰宅が遅くなってしまうという方も、帰宅後はすぐにメイクを落とし、十分な睡眠を取ることを心がけましょう。  次に注意したいのがタバコ。タバコはビタミンCを破壊したり、血行を悪くしたりと美白を目指す人にとってはいいことはありません。喫煙者はもちろん、副流煙による受動喫煙にも注意しましょう。  最後に紹介するのがストレス。ストレスは様々な病気の原因としても挙げられることが多いですが、肌にとってもストレスは大敵。疲労や人間関係などによるストレスは、ホルモンバランスを崩す恐れがある他、メラニン色素を増やす恐れがあるとも言われています。  どれだけ高価な美白化粧品を使って、丁寧に肌をケアしても、生活習慣に気を付けなければ意味がありません。美白の肌を手に入れたいのであれば、生活習慣にもしっかり気をつけましょう。

      体の中から美白する

      0
        美白のためのケアは肌に日焼け止めを塗る、化粧水を付けるなど、外からのケアだけだと思っていませんか?実は美白の肌を手に入れるには、毎日の食生活がとても大切なのです。  美白に効く成分として最も有名なのが、ビタミンC。ビタミンCには、肌のメラニン色素を減らし、シミ・そばかすを防ぐ効果があると言われています。ビタミンCが多く含まれる食材には、レモン、アセロラ、ブロッコリーなどがあります。ここで気を付けたいのが必ず‘食べる’ということ。お肌の美白に直接効果がありそうだからといって、肌に直接貼ったり、パックにしたりするのは止めて下さい。レモンなどには紫外線の感受性を高める成分が入っており、逆に紫外線をたくさん吸収してしまうことになってしまいます。  最近注目を集めているのがリコピン。トマトに多く含まれる成分として有名ですよね。リコピンには抗酸化作用があるため、紫外線に当たることによって、皮膚の表面に発生する活性酸素を除去してくれます。ビタミンCと違って水溶性ではないため、加熱しても大丈夫。サラダだけでなく、ケチャップやトマトソースなど、いろいろな摂取の方法があるので、毎日気軽に美白に効く成分を取ることができますよね。  他にもビタミンE、ベータカロテン、亜鉛などが美白に効く栄養成分と言われています。これらを気軽に取ることができるのが、サプリメント。しかしサプリメントは、一度に摂取しすぎたり、併用しなければ効果がなかったりと、摂り方には注意が必要。バランス良い食事を摂った上で、その補助として摂取しましょう。

        お肌だけじゃない!美白のすすめ

        0
          美白という言葉を聞くと、お肌を白くすることを思い浮かべる人が多いと思います。しかしお肌を白くするだけでいいのでしょうか。せっかく肌を美白するのなら、一緒に歯も美白すべきではないでしょうか。近年、歯の美白であるホワイトニングがちょっとしたブームとなっています。都市圏である東京や大阪にはホワイトニングを専門に行なう審美歯科が急増。手頃なお値段で、美容院やネイルサロンと同じように通うことができ、OLや主婦から人気を集めています。今では‘ホワイトニング’という言葉自体が、肌ではなく、歯を白くすることという認識を持っている人も多いのではないでしょうか(スキンケア商品にもよくホワイトニングという言葉が使われていますが)。 ホワイトニングには、審美歯科で行なう‘オフィスホワイトニング’と、自宅で行なう‘ホームホワイトニング’の2種類があります。特に審美歯科で一度マウスピースを作成し、その後自宅で簡単に治療することができるホームホワイトニングが人気を集めているそうです。また、結婚式の前に行なうブライダルホワイトニングも話題です。ブライダルエステ同様、結婚式の前に花嫁がホワイトニングの治療を行ないます。ブライダルというと、ウェディングドレスが白いこともあってか、‘美白’というイメージがありますよね。  肌を美白していると、歯の黄ばみや汚れも気になってしまいます。せっかく美白の肌になったのなら、ニコッと笑った笑顔から見える白い歯も手に入れたいですね。