スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • | - |
    • |
    • - |
    • - |
    • - |
    • - |

    美白と生活習慣の関係

    0
      きちんと紫外線対策をして、美白効果のあるスキンケア用品を使って、サプリも飲んでいるから、私の肌は大丈夫。そう安心している方はいらっしゃいませんか?実は美白になるにはそれらのケアだけではいけません!毎日の生活習慣も気を付けなければいけないのです。  お肌のゴールデンタイムについてご存知でしょうか?22時から午前2時の間のことを言い、その時間に眠ることで、肌にとって重要な成長ホルモンの分泌が活発になり、肌のターンオーバーが正常に行われることで、美白に繋がるのです。逆にこの肌のゴールデンタイムに睡眠を取ることができないと、肌のターンオーバーの周期が乱れ、古い角質が残るなど、肌に悪影響を与えてしまいます。仕事や付き合いでついつい帰宅が遅くなってしまうという方も、帰宅後はすぐにメイクを落とし、十分な睡眠を取ることを心がけましょう。  次に注意したいのがタバコ。タバコはビタミンCを破壊したり、血行を悪くしたりと美白を目指す人にとってはいいことはありません。喫煙者はもちろん、副流煙による受動喫煙にも注意しましょう。  最後に紹介するのがストレス。ストレスは様々な病気の原因としても挙げられることが多いですが、肌にとってもストレスは大敵。疲労や人間関係などによるストレスは、ホルモンバランスを崩す恐れがある他、メラニン色素を増やす恐れがあるとも言われています。  どれだけ高価な美白化粧品を使って、丁寧に肌をケアしても、生活習慣に気を付けなければ意味がありません。美白の肌を手に入れたいのであれば、生活習慣にもしっかり気をつけましょう。

      海外美白事情

      0
         女性が美白になりたいと願うのは、日本だけではありません。  「肌が綺麗な人が多い国」と言って、思い浮かべるのはお隣の国、韓国ですよね。韓流スターや韓国ドラマに出てくる女優、K-POPのアイドルグループなど、みんな肌が美白で綺麗ですよね。韓国には美容というとまず肌、という認識が強いそう。というのも、日本のように普段からアイシャドウの重ね塗りや、マスカラやつけまつ毛をつけるなどの化粧をする習慣はあまりなく、ナチュラルな化粧をする人が多いそう(女優や歌手は奇抜なメイクをしていますが、あれはステージ用みたいです)。だからこそ、肌のケアやファンデーションが大切になってくるのです。日本でも数年前からブームになっているBBクリーム。BBクリームには、くすみやシミをカバーし、肌を美白に見せる効果がある他、美白成分が配合されているものも多くあり、化粧をしながらスキンケアができます。韓国に行ったことがある方はご存知かと思いますが、ソウルにはたくさんの化粧品店が軒を連ね、多くの観光客が詰めかけています。美白クリームや美白パックなどをお土産にもらったことがある人も多いのではないでしょうか。  中国でも、美白に関する意識は高まっています。資生堂はアジア戦略の一貫として、中国で高級美白化粧品の販売を強化しているそう。美白という言葉をブランド名にも入れ、化粧水や美白クリームを販売しているそうです。  国は違っても、美白の肌を手に入れたいという想いは同じ様ですね。

        冬のお肌ケア方法

        0
           夏が終わって秋が来て・・・もう紫外線の季節は終わった。そう思っている方はいらっしゃいませんか?確かに紫外線が一番多いのは夏ですが、冬だからといって、なくなる訳ではありません。日差しが暑くないから大丈夫、と思っていては、せっかく夏の間にケアして美白を保った肌が紫外線にあたってしまいます。冬も肌が露出している部分はしっかりと紫外線対策を行わなければいけないのです。  冬の美白で最も重要なのは、お肌の保湿。冬は乾燥の季節。保湿対策を怠ると、カサカサ、パリパリのお肌になり、肌のターンオーバーが正常に行われないため、美白の肌が失われてしまいます。しっかりと保湿し、肌を乾燥から守りましょう。  まず大切になってくるのが化粧水。化粧水は入浴後、肌の水分が失われてしまう前に、すぐに付けるようにしましょう。肌をパンパンと叩いてつける行為は、肌のキメを壊してしまう恐れがあるので、肌に手を押し当て、肌によく浸透するように付けることを心がけてください。その後、乳液や栄養クリーム、保湿クリームを塗りましょう。スキンケア商品は、美白成分が多く含まれているものを選びましょう。  冬の間しっかり保湿し、肌のケアをすることで、夏に紫外線を受けた肌を正常にターンオーバーさせ、美白を取り戻すことができます。紫外線がないからといって、ついサボりがちになってしまう冬の美白ケア。しかしここでしっかりお肌の手入れをすることが、次の季節の美白にも繋がるのです。

          体の中から美白する

          0
            美白のためのケアは肌に日焼け止めを塗る、化粧水を付けるなど、外からのケアだけだと思っていませんか?実は美白の肌を手に入れるには、毎日の食生活がとても大切なのです。  美白に効く成分として最も有名なのが、ビタミンC。ビタミンCには、肌のメラニン色素を減らし、シミ・そばかすを防ぐ効果があると言われています。ビタミンCが多く含まれる食材には、レモン、アセロラ、ブロッコリーなどがあります。ここで気を付けたいのが必ず‘食べる’ということ。お肌の美白に直接効果がありそうだからといって、肌に直接貼ったり、パックにしたりするのは止めて下さい。レモンなどには紫外線の感受性を高める成分が入っており、逆に紫外線をたくさん吸収してしまうことになってしまいます。  最近注目を集めているのがリコピン。トマトに多く含まれる成分として有名ですよね。リコピンには抗酸化作用があるため、紫外線に当たることによって、皮膚の表面に発生する活性酸素を除去してくれます。ビタミンCと違って水溶性ではないため、加熱しても大丈夫。サラダだけでなく、ケチャップやトマトソースなど、いろいろな摂取の方法があるので、毎日気軽に美白に効く成分を取ることができますよね。  他にもビタミンE、ベータカロテン、亜鉛などが美白に効く栄養成分と言われています。これらを気軽に取ることができるのが、サプリメント。しかしサプリメントは、一度に摂取しすぎたり、併用しなければ効果がなかったりと、摂り方には注意が必要。バランス良い食事を摂った上で、その補助として摂取しましょう。

            お肌だけじゃない!美白のすすめ

            0
              美白という言葉を聞くと、お肌を白くすることを思い浮かべる人が多いと思います。しかしお肌を白くするだけでいいのでしょうか。せっかく肌を美白するのなら、一緒に歯も美白すべきではないでしょうか。近年、歯の美白であるホワイトニングがちょっとしたブームとなっています。都市圏である東京や大阪にはホワイトニングを専門に行なう審美歯科が急増。手頃なお値段で、美容院やネイルサロンと同じように通うことができ、OLや主婦から人気を集めています。今では‘ホワイトニング’という言葉自体が、肌ではなく、歯を白くすることという認識を持っている人も多いのではないでしょうか(スキンケア商品にもよくホワイトニングという言葉が使われていますが)。 ホワイトニングには、審美歯科で行なう‘オフィスホワイトニング’と、自宅で行なう‘ホームホワイトニング’の2種類があります。特に審美歯科で一度マウスピースを作成し、その後自宅で簡単に治療することができるホームホワイトニングが人気を集めているそうです。また、結婚式の前に行なうブライダルホワイトニングも話題です。ブライダルエステ同様、結婚式の前に花嫁がホワイトニングの治療を行ないます。ブライダルというと、ウェディングドレスが白いこともあってか、‘美白’というイメージがありますよね。  肌を美白していると、歯の黄ばみや汚れも気になってしまいます。せっかく美白の肌になったのなら、ニコッと笑った笑顔から見える白い歯も手に入れたいですね。

              美白vs美黒?

              0
                日本においては、白い肌が高貴の象徴とされ、美白が善とされてきました。しかし美白が善で、黒い肌がずっと悪とされてきた、という訳ではありません。1961年に資生堂がサンオイルを発売。そのイメージガールである前田美波里さんが、その健康的な小麦肌で一躍大人気となったのです。「太陽に愛されよう」というキャッチフレーズで、このサンオイルは大ヒットしたのです。当時は高度経済成長期。この広告の影響もあって、太陽で肌を焼く欧米の習慣が日本にも広がって行きました。  次に‘美黒’ブームがやってきたのは、1990年代後半から2000年代初期にかけて流行した‘ガングロブーム’。日焼けサロンで肌を真っ黒に焼き、目の周りと唇は真っ白、髪の色は金やカラフルなピンクなど・・・といった、ヤマンバファッションが大流行し、社会現象にもなりました。この頃は「ギャル=肌が黒い」という認識だったのです。美白を支持する人たちはさぞ肩身の狭い思いをしていたでしょう。高度経済成長期の美黒ブームと肌の黒さは変わりませんが、ガングロギャルに健康的というイメージはありませんね。しかし考えてみると、日焼けサロンや野外での日焼けとは恐ろしい。彼女たちの現在のお肌の状態が心配になってしまいますね。  その後、浜崎あゆみが登場したことで、美白のギャルというジャンルが登場しました。そこからは、「肌を焼くと将来シミになる」、「肌が黒いのは汚い」などといった認識が広がり、次第にガングロブームは終焉し、ガングロギャルたちは姿を消して行きました。  時代によって美白、美黒の評価は様々なようです。

                美白の定義

                0
                  美白という言葉にはどのような意味があるのでしょうか。「美白」を辞書で調べてみると、「(特に女性の)肌を白くすること。また、白さを保つこと。ホワイトニング。」と書かれています。ただ、ファンデーションやおしろいを肌に塗って、肌を白くすることは美白ではありません。それは単に上に白くなる粉を載せているだけです。 美白という言葉には、「メラニンなどのない肌、肌がもともと持っている透明感を引き出すこと」という意味があるように思えます。薬事関連の表記においても、「美白とはメラニンの生成を防ぎ、しみ・そばかすを防ぐこと」と定義されているそうです。 今では一般的となった「美白」という言葉ですが、美白が一般に普及したのは、1990年代後半。美容研究家の鈴木その子さんが提唱し、美白がブームになったことで、様々な化粧品や健康食品のキャッチコピーに使われるようになりました。今やそれらの商品にとどまらず、ジュースやお菓子にまで美白という言葉が使われています。 美白という言葉の意味はご理解頂けたでしょうか。つまり、美白は上からファンデーションを塗ってごまかすものではなく、きちんとケアをして本来の肌の透明感を引き出すことなのです。だからお肌のケアも長期的に根気よく行なうことが大切です。ついつい面倒になって化粧をしたまま寝てしまったり、ケアをしなかったり、なんてしていませんか。毎日きちんとお肌のケアを続けて、美白を目指しましょう。

                  夏のお肌ケア方法

                  0
                    美白の一番の敵、紫外線。紫外線の量が一番多いのは、意外にも初夏の5月。しかし紫外線は量だけではないんです。7〜8月の紫外線は一番強い紫外線です。また、海や遊園地、バーベキューなど、野外レジャーを楽しむ人が多い夏。知らない間に肌に紫外線をたくさん浴びて、せっかくの美白が台無しに・・・なんてことがないようにしなければいけません。  基本的なことですが、日焼け止めはしっかりと塗りましょう。これだけで大幅に肌への紫外線をカットし、美白を守ることができます。顔に汗をかきやすい人は、ウォータープルーフタイプを使用するか、こまめに塗り直すことを心がけてください。  日焼け止めを塗っていたつもりが肌が焼けてしまった、予想外に紫外線を浴びてしまった・・・という方も諦めてはいけません。紫外線を浴びてしまった後でも、しっかりとお肌をケアし、美白に戻す努力をすることが大切です。まずは、日焼けしてしまった箇所をしっかり冷やし、炎症を落ち着かせましょう。そこで大切になってくるのがお肌の保湿。化粧水や乳液を使い、しっかりお肌に水分を与えてあげましょう。実はメラニンが増えるのは、日焼けをした日ではなく、2日〜3日後。しっかり保湿することで、メラニン色素を作る細胞を沈静化させることができます。化粧水で水分を与えた後は、その水分が逃げてしまわないように、乳液やクリームでしっかり保湿しましょう。一度焼けてしまったからと言って、美白を諦めてはいけません。

                    なぜ肌は美白がいいの?

                    0
                       デパートやドラッグストアの化粧品売場に行くと、美白の文字がずらり。もはや女性が美白を目指すことは当たり前のようになっています。なぜ、日本人の女性はこんなにも白い肌になりたい!と思うのでしょうか。  実は美白の起源はなんと平安時代にまでさかのぼります。当時の医学について書かれた書籍に「肌の色をよくする方法」という表現がでているんだとか。しかしこれは一部の貴族しか見ることができない文献なので、一般庶民には美白という考えがあったかどうかはわかりません。また、紫式部ははっきりと白い肌や肌のきめ、ツヤについての記述を残しています。この当時から、女性の肌は美白がいい、と考えられていたようですね。高貴な人ほど色が白く、農作業や放牧を行なう庶民は日に焼けていたことから、白い肌は高い身分の証とも考えられていたそうです  江戸時代には‘おしろい’が人気を集め、おしろいでパックのようなものをする人も登場したそう。江戸時代のベストセラー「都風俗化粧伝」にも10種類以上の美白になるケア方法が掲載されています。当時のおしろいは今のような‘ミネラル100%’や‘美白成分配合’などといった、肌に優しいものではなく、逆に人体に影響がある成分がはいったもの。おしろいを肌毎日付け過ぎて、早死にする芸者や庶民もいたそうです。その当時美白を手に入れることは、命がけだったんですね。  日本人は平安時代から白い肌に憧れ、美白を目指して様々なケア方法を試していたようです。昔から「白い肌が高貴な女性の美しい肌」=美白だったのですね。

                      毎日のケアで目指せ美白

                      0
                         顔の印象まで変えてしまうお肌の色。美白で綺麗なお肌の人を見ると、ついついうっとりしてしまいますよね。どのようなケアをすれば美白になれるのでしょうか。

                         美白の最大の敵は紫外線です。紫外線にあたることで、シミができたり、日焼けしてしまったりと、美白を目指す人にとってできれば避けたいことばかりです。肌が紫外線にあたることで、メラニン色素が作り出されます。このメラニン色素は、肌を守るために肌を黒くしてしまいます。特に日焼けをしてしまった際は、過剰にメラニン色素が生成されてしまい、シミが残ってしまう恐れがあります。また、ストレスや食生活の乱れで肌のターンオーバーが正常に行われない場合も、シミになる可能性は高まります。美白を目指す人にとって、過度の日焼けやストレスの溜めすぎ、暴飲暴食はなるべく避けたいものです。

                         では、どのようなケアが美白に効果的なのでしょうか。美白のケアには、メラニンの生成をできるだけ抑えなければいけません。メラニンを生成する酵素の働きを抑制する効果のある、持続性ビタミンCやプラセンタエキスが配合された化粧品を使用して、ケアしてみましょう。意外と注意しなければいけないのが洗顔方法。洗顔料はよく泡立てて優しく洗い、できるだけ何度もすすぐようにしましょう。化粧品にも、パックや栄養クリーム、乳液など様々な種類がありますが、美白を目指すならライン買いがおすすめです。

                         毎日の紫外線予防と効果的なケアで美白を手に入れましょう。